秋山 雅のONEは詐欺で危険?それとも副業にすると助かる優秀なビジネスか調査した!

秋山 雅のONEというビジネスについては詐欺疑惑があるのでしょうか。

インターネットビジネスは詐欺も多いという話はよく耳にします。

さらにはネットで調べると詐欺の被害にあってしまったという書き込みも見ます。

そのため秋山 雅のONEについても不安に感じてしまう方がいてもおかしくはないでしょう。

そこでこのサイトでは今注目のビジネス秋山 雅のONEがどういったビジネスなのか調査してみました。

特徴やメリットなども調査しています。

気になる方は是非じっくりと呼んでみてください。

ONEが副業に適している理由は何?

では、このONEという副業は、なぜ副業として適しているのでしょうか。

作業時間が驚くほど少ない

まず、最もおすすめしたい理由は
「作業時間が少ない」
からです。

副業の多くが、1日数時間の作業を継続する必要があります。

それだけしても、最初の数カ月は利益が出ない・・・という事も多いです。

ですから、本業をしながら別で時間を確保できる人しか成功することが出来ません。

しかしONEは、1日数分だけでも挑戦できるため、忙しい人にもおすすめなのです。

収入金額が大きい

ONEは、うまくいけば1日3万円という非常に大きな金額を作ることが可能です。

副業でそれだけの収入が作れるものは少なく、ほとんどの副業が赤字・もしくは月に5000円以下の収入しか入らないと言われています。

しかも、その実績が2年もある。

これがおすすめの理由です。

為替というなくならないものへの投資

為替は、国の通貨とそのレートを利用した投資になります。

つまり、各国の通貨が廃止されるようなことがなければ、利用し続けられる投資対象になります。

自国の通貨の価値が下がってくれば、海外向けの事業に関して不利になる事も多いため、国がバランスを取ろうとします。

あまり上がりすぎたり下がりすぎたりすると、国がお金を投じて介入することもあるため、他の投資対象よりも安定して投資が可能なのです。

スマホ完結型のため、いつでもどこでも挑戦できる

スマホで完結するこのONEは、時間も場所も問わない働き方が可能です。

例えば、通勤時間や友達との待ち合わせまでの時間。

ちょっとしたスキマ時間は、正直スマホでゲームをするなど、非常にもったいない使い方をしている人が多いのではないかと思います。

しかし、その時間が収入になる。

これだけでも非常に大きなメリットではないでしょうか。

取引チャンスが非常に多い

このONEは、2年間で18万回という非常に沢山の取引回数をこなしています。

つまり、それだけたくさんのチャンスがあります。

システム投資の中には、1日に数回しかチャンスが無いものもあります。

そういったシステムだと、自分がスマホを触っているタイミングで投資ができるとは限りません。

特にサラリーマンなどは仕事中にあまり携帯を見ることも出来ないでしょうから、どうしてもチャンスを逃してしまいます。

しかし、2年で18万回・1日に換算すると1000回弱程度の回数があるなら、どんな人でも投資できるチャンスがありますよね。

ONEを使うことでどんなことが可能になるのか

ONEを使うことで、どんな事ができるようになるの?

と、あまり想像できていない人も多いのではないかと思います。

ONEに参加し、1日3万円という収入が入ってくるなら、人生で

  • 欲しかったもの
  • したかったこと

を自由に選択できるようになるでしょう。

為替市場は、土日が休みになりますので、月換算で60万円・年収に換算すると720万円です。

今の日本の平均年収の倍近くあるわけですから、仕事を辞めても生きていけます。

しかも、投資がスゴいのは、サラリーマンとして働くよりも税金が少ないこと。

サラリーマンは年収720万円なら23%が税率ですが、為替投資は約20%です。

更に、投資に必要な経費がかかる場合はそれらも税金の対象外になったり、その投資で得た利益を更に別の投資に回すことで(例えば不動産購入金額など)、税金を減らすことも可能です。

そのため、サラリーマンの年収720万円よりも実際に使える金額が多いため、かなり自由な生活ができるでしょう。

ONEはなぜ副業に適しているのか?リスクが最小限??

今回はONEという投資方法を見てきましたが、副業にかなり適している条件が揃っていると感じたのではないでしょうか。

個人的にもかなりそういった点からこのONEをおすすめしているわけですが、今は更に無料のモニター募集もしているため、リスクが最小限になっています。

「絶対」とまでは言えませんが、かなりの高確率で稼げると感じるONEは、初心者も多く参加しているということですから、是非参加してみてはいかがでしょうか。